IMG_0370
日本でも話題に上る事が多くなってきたGOATに潜入してみました。

新進気鋭のスニーカー専用マーケットプレイスGOAT。前回取り上げたGel-Lyte III "Super Green"も実はここから購入した商品でした。GOATの魅力は参入の気軽さ、販売手数料の低さ(つまり商品が安い)、そしてなんといってもフェイク品を掴まされる心配が無い事でしょう。商品はひとつひとつGOATスタッフによる鑑定が行われ、万が一それをすり抜けた不良品が届いたとしても日本国内から返品が可能。入手困難なプレミアスニーカーを購入する際にはこの上なく頼もしいサイトとなるでしょう。利用方法などについてはすでに数多くの情報が出回っていますので、今回は個人的に印象に残った点だけを簡単にまとめてみました。



到着までにかなりの時間がかかる
注文が確定するとまず出品者がGOATの配送センター宛に商品を送り、GOATスタッフの手作業による認証を受けた上で購入者の元へ発送されます。このシステム上、どうしても手元に到着するまでの期間が長くなってしまうのです。私の場合、注文から商品到着までの期間は16日でした。

シューズボックスの状態は多少落ちることも
私はあまり気にしないタイプですが、シューズボックスの状態を気にする方は不安要素となるかもしれません。前述のように通常のネット通販以上に細かい輸送の繰り返しとなる上、ショップ・出品者・GOAT・税関という不特定多数の人々の手に渡る事になるためどうしてもボックスの状態が悪くなりやすくなってしまいます。GOAT側による梱包も簡易的で、緩衝材の代わりに白い紙でボックスをぐるりと巻いてあるのみ。私の手元に到着する頃にはあまり綺麗とは言えない状態になっていました。

よっぽど急ぎでもないかぎりOffer(値下げ交渉)は利用した方が良さそう
IMG_0403
GOATでの購入方法は2種類あり、1つは出品者が設定した価格で購入する"Buy Now"。2つ目が購入希望者が出品者側に価格を提示する"Offer"。GOATにおける値下げ交渉の特徴はクレジットカードおよびPayPalの与信枠を確保した上で行われるということ。つまり出品者がその価格を受け入れた時点で自動的に決済が完了され、すぐに取引開始できるというメリットが生じるため交渉が成立しやすいのです。Offerした価格は提示後であっても変更可能なので、大胆な値引き価格から数日かけてジワジワ価格を上げていく1人オークション方式で利用すると良さそうです。

品質チェックの信頼度は高そう
商品の注文から9日が経過したところで大量の添付画像とともに以下のような内容のメールが届きました。
1
意訳:あなたが注文した商品を検品したところ、右足ヒール部に軽度のスレが見られました。キャンセルしますか?

IMG_0373
ダメージに関する通知を承諾した上で受け取った商品の該当箇所。画像中心に写っているのがそのスレなのですがほとんど目立たないものであり、おそらく正規のスニーカーショップでも無視するであろうレベル。思ったよりしっかりとチェックしてくれているんだなあというのが正直な感想です。なお、どうやってスニーカーを鑑定しているかについて詳しくは公開されていませんが、ステッチワークやその色味までとにかく隅々まで検査を行っているという事だけは表明されています。